◆ 東日本大震災への祈り ◆
〜「鎮魂晶」の祈りにご協力を〜
   
 

魂の鎮めを

 

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災によって大変多くの方が亡くなりました。お亡くなりになられた方々やご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。また被災した皆さまへは心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 被災地が復興していくにあたっては、多くの方々の支援や物資救援が励みとなり、手助けとなります。
そして亡くなった方々の魂をなぐさめ、被災した方々の心を癒していくにあたっても、やはり多くの方々の鎮魂の祈りが手助けとなります。

   
  「鎮魂晶」とは
    そこで私達は、「鎮魂晶」(ちんこんしょう)への祈りをはじめました。「鎮魂晶」は亡くなった方、一人ひとりのために用意された水晶です。

手に晶を持ち、慰霊・鎮魂の願いを込めます。祈りは亡くなったみ魂の供養となるだけではありません。鎮魂の祈りを通し、祈る人それぞれが心の平安と落ち着きを得て、明日への活力と成すべきことを見定めて実行に移すことができるのです。

 

 そして祈りが込められた晶は、真の道で集めた後、このたびの大地震の震源地に近い海に慰霊の祈りと共に納めます。私達はこれまでにも、スマトラ島沖地震の近く(インドネシア・アチェ)や日本をはじめ世界各地の山や湖などでも鎮めの祈りと納めを行って世界の平和を祈ってきました。鎮めの祈りと晶の納めは一度だけでなく、繰り返し続けていきます。

  鎮魂晶の入手方法や祈り方、そして祈りを込めた後の晶についての詳細は、上のメニューから解説をご覧下さい。

   
  「鎮魂晶」の祈りをお願いします
   一人でも多くの方が「鎮魂晶」に祈りを込め、亡くなったみ魂の安らかなことを願い、被災地の復興を祈り、そして同時に祈る人それぞれの魂鎮めを行って頂きたいと願っています。ぜひ「鎮魂晶」を手にとり、祈りを込めて下さい。
   
©Copyright 2011 宗教法人・真の道